* にじいろハッピーらいふ *

カラーセラピストが贈る、日常に上手に色を取り入れて毎日をHAPPY に過ごせるヒント☆

亡き妹へ送る、一通の手紙。映画「あなたの瞳に話せたら」オンライン無料上映 2021年3月7日(日曜日)

 

 

「おはよう」と言われたのに、機嫌が悪くて無視をした。

それが妹を見た最後だった。

 

 

 

2021年3月7日(日曜日) 14時30分より

オンライン(無料)で観ることができる映画のご紹介です。

申し込み期限は3月4日(木曜日)23時59分まで

 

  


 映画を制作したのは、東日本大震災当時中学2年生だった佐藤そのみ監督。

大学の卒業制作で完成させた作品だそうです。

佐藤そのみ監督は、震災当時小学校6年生だった妹を津波で亡くされています。あの大川小学校です。

 


震災から10年。被災地はまだまだ復興の途上です。

今この映画を多くの方に観てもらうことにより、災害について防災について考えるきっかけとなってほしいという想いで公開されるようです。

 


映画は30分ほど、その後監督とゲストによるトークセッションも視聴できます。

もちろんオンラインですので自由に退席できます。

お時間に都合のつく方、ぜひ観ていただきたいと思います。

 


監督の佐藤そのみさんは、私が最近防災関係のセミナーやトークに参加する中で知った、佐藤敏郎さん(元中学校教諭、現:一般社団法人Smart Supply Vision 理事…災害時市民参加型支援プラットフォーム)の娘さんです。

 

 


まずは、リンク先をご覧になってみてくださいね。

 

 

www.katariba.or.jp

 

 



私は本日も防災セミナーに参加していましたが、今日のセミナーはかなり面白い内容でした。日常生活で備える工夫が満載。

台所にあるボウルとタオルと風呂敷で何に変身すると思いますか('_'?)

後日YouTubeで観れるようになるそうなので、またお知らせしますね。

 

 

 

 

f:id:rainbowcolor77:20210228132435j:plain

空のあおとピンクのクリスマスローズ

 

 

 

『あお』には、呼吸を落ち着かせてくれる効果があります。

忙しい毎日でも、時に空を見上げ、「ふぅっ」と一息。

 

 

 

 

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

 

 

 

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

追記しました:春の気配を感じます ~防災の話とピンクの処方~

 


 ※避難所の話に追記しています。



少しずつ少しずつ、春の気配を感じられるような日が増えてきました。

みなさんお元気ですか?

 

 

河津桜がかわいらしい姿を見せ始めてくれています。

冬の間は無彩色の風景を見ていることが多く、加えてコロナやら地震やら。

そのせいかなんとなく気持ちが鬱々としてきますが、こうしてやわらかで温かな色彩に出会えると心が優しくほどけていくようです。

 

 

 

f:id:rainbowcolor77:20210221105619j:plain

河津桜って成人式の娘さんみたいな可愛らしさ

 

 

…ただ、この日はとんでもない強風で、可憐な花びらが風に揺られ揺られて写真を撮るのにかなり苦戦しましたし、疲れました(笑)強風の時の散歩は危険です←当たり前

 

 

 

話は変わりますが、2月13日の福島県地震

久しぶりの大きな揺れに驚かれ、不安な思いをした方もいたのではないでしょうか。

地震というのは生きている地球の自然現象。私たち人間が「くしゃみ」や「伸び」をするようなもの。

普段は特に意識をすることなく、生きた地球の上にのほほんと暮らしている私たちですが、突然「グラッ」と大きな揺れがきて、物が壊れたり、家が潰れたり。最悪の場合には大切な人の命が奪われたり。そこで初めて怖い思いや悲しい思いをします。

これらは何度も何度も繰り返されてきたこと。

でもこの恐怖や悲しみは、事前に備えや心構えをすることで軽減することができるのです。それが「防災」です。

 

 

 

私は昨年、静岡県防災士を取得しました。資格を取得しただけでは何の力にもなれないため、毎週末セミナーを受講し、現在も知識を深めているところです。

 

 

 

勉強していて思うのは、防災問題の複雑さであり、未だ明確で画期的な解決策はないということ。

防災というと真っ先に思い浮かぶのは「地震」かもしれませんが、「風水害」「土砂災害」「火災」や、最近では「コロナなどの感染症対策」もある意味防災ですね。

それぞれの抱える課題への対応策をひとつひとつ丁寧に解決していくのには一朝一夕では難しく、時間がかかります。

あなたのお住まいの地域でも、防災については色々真剣に考えられているとは思うのですが、まだ途上。行政に期待しているとあなたや大切な方の命を守ることができないかもしれないのです。

 

 

 

もうすぐ東日本大震災から10年。

先日、被災地の方の声を聞くシンポジウムに参加しましたが、「復興なんてしていない。」とお話されていました。10年経ってもまだ、街並みも心の傷も修復されていないのです。

 

 

 

こんな悲しみや苦しみを繰り返していくことをなんとか止められないだろうか。

そういう思いで今、私は防災について学んでいます。

 

 

 

どうか皆さん、いま一度本気でご自分に合わせた防災について考えてみてください。

ご家庭に高齢の方がいらしたり、障害がある方だったりすると、災害が発生した際に簡単に避難はできないでしょう。ましてやこのコロナ禍。

『災害発生→避難→避難所生活』

これが必ずしも正しくはないと思うのです。そしてハッピーでもない。

では普段からどう備えていたら自宅で過ごせるのか、ぜひ考えてみていただきたいと願います。

もちろん私自身も、これからも考え取り組んでいきます。

 

 


 ※追記:この記事は、避難所へ避難することを否定しているわけではありません。もちろん推奨もしていません。



避難所へ行ったほうが良いケースもあります。孤立してしまう場合です。



避難所は、支援活動の拠点になるので、困っている声を挙げやすくなります。

在宅避難している場合、救援物資が届きにくい。体調悪化の際に他者に気づいてもらえないといった問題点があります。

これらもふまえて、自分は家族はどうするのがベストか考えてみてほしいと思います。

 



f:id:rainbowcolor77:20210221113019j:plain

職場の庭に咲く河津桜

 

 

 

 

ピンクは心を癒してくれる色。

最近ちょっと心が疲れていると感じた時は、ピンクをイメージして深呼吸を数回してみてくださいね。

今日もあなたが笑顔でありますように。

 

 

 

 

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

 

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

 

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

 

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

 

 

すっかりご無沙汰しております

お元気ですか。




いつの間にやら、2020年も残すところ半月なのですよね。
近頃、すっかりブログが遠くなってしまって。




次はユニバーサルカラーの記事をと思い、PowerPointで動画まで作って、あとは音声で解説を入れるだけというところで頓挫しております(^^ゞ




2020年、皆さんはどんな風に過ごされましたか。
私にとっての2020年は、いろんな意味で特別な一年でした(まだあと半月あるけど)。




年齢的には半世紀という節目を迎え、「今後どう生きていくか」という自分自身のテーマに深く向き合いながら過ごした一年でした。




少し前に、去年のブログ記事を読んでくださった方がいて、私はこんな事を書いていたのかと思い出させてもらいました(*^^*)ありがたいです。




掲げた2020年の目標は、防災士(自県)を取ることと、色彩検定のユニバーサルカラー級を取ること。両方達成できました\(^^\)わーい




コロナ禍で行動が制限された分、逆にじっくり取り組めた気がします。




2020年の目標を達成できたら、次なる目標がムクムクと。
2021年は、住環境について福祉的な側面から考えられるよう勉強したい!
これは、9月に激しいぎっくり腰をやり、寝て過ごした時間から生まれた思い。




福祉的な観点から防災を考えたいのです。




こんな新しい目標を掲げ、2021年にすんなり移行できるよう、今から少しずつ進めているところです。
そんなわけで、しばらくブログをお休みします。




読者登録させていただいている方のブログには、時々ふらっとお邪魔させてくださいね☆




あなたが笑顔でありますように…*








f:id:rainbowcolor77:20201218231944j:plain