* にじいろハッピーらいふ *

ハッピーライフを送るために。色と心の繋がりについて、防災の話をカラーセラピスト&防災士の私が書いています。

防災オタクのリュックの中身

スポンサーリンク

 

 

前回の記事で防災オタク(富士山噴火に備えてマスクとゴーグル用意済み)と書きましたが、ホームセンターへ行くと必ず防災コーナーに立ち寄り、新作をチェックします(笑)

 

 

 

「リュックの中身を知りたい」というコメントをいただいだので記事にしてみようと思います。あくまでも私個人の価値観とか生活観によるチョイスですので、参考になるかわかりませんが(^^ゞ

 

 

 

実は今年。防災オタクを更に極めようと、防災士の資格を取るための講座を受けるつもりでいるのですが、このコロナ禍で講座もどうなるのでしょう???

もし受講できたら、ブログにてまた皆さまに良い情報をお届けできたらいいなと思います。

 

 

 

さてさて本題のリュックの中身ですが、

防災リュックの中身で一般的な物は皆さん既にご存知かと思いますので、私が追加購入や準備した物について書いていきます。

あと、おいしかった防災食についても書こうと思います。

 

 

 

まず最初に防災グッズの置き場所ですが、「倉庫」「押し入れ」「リビング」「玄関付近」「車のトランク」に分散して置いています。

 

 

車のトランクに入っているのは

水・紙コップ・非常食少々・タオル・簡易トイレ・簡易トイレを使用するためのマント・女性が月1使用する物・トイレットペーパーひと巻き・アルミ保温シート・百円カッパなどなど。

出先でもし地震にあったらと考えて準備しています。

 

 

 

倉庫には

簡易トイレ・水(5年保存のものを箱買い)・テント・折り畳み式台車(給水時の運搬などに使用のため)・予備のトイレットペーパー・予備のティッシュペーパー・女性が月1で使用するもの・災害用薬箱・など、日常的に使わない且つかさばる物を主に置いています。

あと25年保存が効く非常食も。

 

 

 

リビングには

日常使いできるような非常用食品を専用の棚に入れています。

非常食って、いつの間にか期限切れになっていませんか?

気づいたとき、けっこうショックですよね。安いものではないし。

期限切れの前に食べてしまうために、チェックしやすいリビングに置いてあります。

アルファ米フリーズドライのお味噌汁・缶詰・レトルトなど

 

 

 

 

玄関付近には

娘二人が家にいた時には、子供用の防災リュックを置いていました。

逃げる時に持ち出しやすいように

今はそれぞれが暮らすアパートに持って行ってしまったので置いていません。

 

 

 

押し入れには

2階の押し入れの一角は防災用品置き場です。

去年の台風被害を見て、もし浸水した時のことを考え、ある程度2階にも防災用品を置いておくべきだと考え準備しました。

置いてあるのは、簡易トイレ・トイレットペーパー

そして防災リュックです。

 

 

さて、防災リュックの中身について

一般的なものについてはみなさんもご存知と思いますので省きます。

私が追加で用意しているものの中から…

 

 

 

 

小銭各種

災害時、キャッシュレスでいけるかどうかわからないですよね。停電だと機能しないかもしれません。

そんな時は現金ですが、お釣りが不足すると思われます。

そのため、500円・100円・50円・10円・5円・1円をある程度用意してそれぞれビニールの小袋に入れた上でポーチに入れています。

これは娘二人それぞれのリュックにも入っています。

 

 

 

空のポーチいくつか

これは、災害が起きてしばらくすると女性が必要とするものらしいです。

ちょっとした物を入れたい乙女心

震災の時、救援物資で人気だったそうです。

 

 

 

爪切り

私、爪が伸びているのが個人的に苦手なんです。

いろいろ作業しづらいので。

災害時、爪が伸びてやりにくいことが多々ありそうなので準備しています。

(もちろん軍手は必須アイテムです)

 

 

 

アイブロウペンシル

女性ならおわかりでは?(笑)

被災した時にメイクなんてきっとやっていられないけれど、眉毛だけは書きたいと思いませんか(〃艸〃)

 

 

 

 

ドライシャンプー

 

資生堂 フレッシィ ドライシャンプー スプレータイプ 150ml

資生堂 フレッシィ ドライシャンプー スプレータイプ 150ml

  • 発売日: 2002/07/25
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

一般的に使用期限は3年くらいのようです

 

 

 

 

体を拭くためのウエットシート

最近は介護用の大きなタイプが100円ショップで買えます。

夏に被災したら、あせも対策に必須ですね。

 

 

 

ぶくぶく口をすすぐだけで歯磨きの代わりになるマウスウオッシュ

口腔衛生は保ちたいです

 

 

 

 

 

 

耳栓

避難所に行った場合、結構必要のようですよ。

 

 

 

サランラップ

災害時はお皿の代わりになります。

一枚敷けば、どんな場所も衛生的に使えますね。

 

 

 

ロープ

二階に置いてあるので脱出用

 

 

 

 

リュックの中身は季節に合わせて定期的にチェックするのが理想ですね。

冬なら使い捨てカイロを多めに、夏なら冷えピタや虫よけグッズなどの準備。

 

 

 

あ、もちろん家族分のヘルメット、マスクは必須アイテムです。

マスク不足の今、私が過去に防災用で備蓄していたマスクを使用しています。

コロナ騒動が落ち着いたら、また防災用に準備の予定です。

 

 

 

そうそう。

防災用に準備したこのランタンとても明るくていいですよ。

娘たちにもそれぞれ購入。

 

 

 

 

 

それから非常食ですが、

リュックに入れておくのにおすすめなのはこれ

 

 

井村屋 えいようかん

井村屋 えいようかん

  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 甘いものが好きな方には超おすすめです。

おいしいです!

災害時、ほっと癒される甘いものは必須アイテム。

5年保存なので安心して入れっぱなしできます。

 

 

 

非常食といえばアルファ米ですが、いろいろ試して食べたところ、白米が一番無難だと思います。

味付けされたものは好みがあるので。(わかめご飯なら無難です)

アルファ米5年保存のあたためなくてもおいしいカレー

 

 

 とか

 

フリーズドライのお味噌汁に缶詰、塩昆布などと一緒に食べたほうがいいかなと思います。

 

 

 

 

以上、こんな感じです。

まとまりのない記事になってしまいましたが、なにか少しでも参考になれたならうれしいです。

みなさんもそれぞれご自分のこだわり生活があると思いますので、「なかったら困るもの」を防災用に準備されることをおすすめします。

 

 

 

読んでくださり、ありがとうございます☆

 

 

 

 

 

f:id:rainbowcolor77:20200508221431j:plain