* にじいろハッピーらいふ *

ハッピーライフを送るために。色と心の繋がりについて、防災の話をカラーセラピスト&防災士の私が書いています。

ピンクの処方

スポンサーリンク





もしも今。
あなたの心が少し疲れを感じていたり、イライラしていとしたらピンクの処方をおすすめします。



 
ピンクは癒しの色
母性愛の色でもあります




海外の刑務所で鉄格子をピンクに塗り替えたところ、囚人達がおとなしくなったなんて話も。




ピンクの処方で一番手っ取り早いのは、お花を眺めることかもしれません。
読まれている方が男性なら、家庭平和のためにピンクのお花をプレゼントなんていうのはいかがですか(笑)




女性なら、マスクをピンクになんていうのもいいかな。




私は去年新調したお財布がピンクなので、お金を支払うたびに癒やされています???
(* ゚∀゚)サスガニ イヤサレナイ




何度か書いていますが、カラーブリージングもおすすめです。
色を思い浮かべての深呼吸です。





上手に気持ちを切り替えながら、このコロナ禍を乗り切りたいですね。









f:id:rainbowcolor77:20200429223357j:plain








庭のサクラソウも、そろそろおしまい。
咲き終えた後に姿を見せる緑色したお星様☆わかりますか。かわいい(*^^*)




サクラソウとかコスモスとか、可憐そうに見えて「しぶとい」花が好きです。
雨風にさらされても案外強いんですよね。
しなやかであることが強さに繋がると、花たちが教えてくれるようで。