* にじいろハッピーらいふ *

カラーセラピストが贈る、日常に上手に色を取り入れて毎日をHAPPY に過ごせるヒント☆

黄色が好きなあなた、気になるあなたは。

スポンサーリンク

 




今回は黄色について書いてみます。

 

 

 

 

 緑についてはこちら↓

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 まずは、カラーセラピーとしての色の考え方について書いてみます。

 

 

好きな色と気になる色の違い

 

 

好きな色と、特に好きではなかったけれど最近気になる色とでは、同じ色でも色の解釈がかわります。

 

 

好きな色 = あなたの基本的な性格を表しています。あなたがあなたらしくいられるための色です。

 

気になる色 = 今のあなたの精神状態、課題、健康状態などを表しています。 今のあなたを癒したりサポートしてくれる色になります。

 

 

 

色を活用してハッピーになる方法

 

  •  その色を感じることができる場所へ出かけてみる
  • ファッションで取り入れる(服、小物…バッグ・靴下・ハンカチ・アクセサリー・男性ならネクタイなど)
  • 食事に取り入れる(その色をした野菜や果物などを食べる)
  • 香りで取り入れる(できるだけ自然素材のアロマ・入浴剤など)
  • カラーブリージングをする(やり方はこちらの記事をご参照ください↓)など。

 

 

rainbowcolor77.hatenablog.com

 

 

色には、良い色も悪い色もありません。

ただ、ひとつの色に対してポジティブとネガティブ両方の要素があります。

ネガティブな要素が強く出ている状態の時には自分を癒してくれる色として、ポジティブな要素が強く出ている時には自分の背中を押してくれる色として解釈すると良いと思います。

 

 

 

 

では本題の黄色について

 


黄色は光に最も近い色彩であると、ゲーテが色彩論で述べています。

太陽の光が差し込むような、明るさや温かさを感じさせます。

黄色は心に明るさと希望をもたらす「光」そのものの色。でも光が差すことにより生まれる影も感じさせる色であるとも言えます。

 

 

 

f:id:rainbowcolor77:20191214222652j:plain

 

 

 

 

 

黄色の使い方で気を付けること二つ

 

国によってイメージが違う

黄色は文化によるイメージに違いのある不思議な色です
高貴な色として使われる国(中国・インド・ネパールなど)もあれば、キリスト教圏では「裏切り者」の色として扱われてきました。
英語でも、yellowとつく言葉には軽蔑の意味を持つものが多いですよね。
そういう意味では、黄色の使い方には注意が必要になるかもしれません。
 
 
 
使う面積が広いと悪影響を及ぼす

 

中枢神経系に作用する黄色は、瞬間的に見たり小面積に用いると、神経を緊張・集中・活性化させ脳を冴えさせてくれます。

しかし、大面積で使うと気が散り、神経が研ぎ澄まされ過ぎてストレスが増大し、イライラしたりミスが増大します。

古代文明には、黄色の部屋に長時間閉じ込めて精神を錯乱させる拷問もあったようです…)

ですから、もし黄色で部屋をコーディネートしたい場合は、部分的に用いるか、クリームイエローやアイボリーなどの淡い色を用いると良いと思います。

 

 

 

 

黄色が好きな人

 

 黄色を好む人=光を求める人→知的好奇心旺盛な人と言えます。

意志が強く前向き、「自己実現」が人生のテーマとなります。

性格的には快活で明るくユーモアがあり、社交性がある人が多いようです。ただ、「自分らしさ」を何よりも大事にするので、集団の中では適度な距離を保ち、自由で飄々としていることを好むでしでしょう。

 

黄色の性質は「光」。最初に書いたように、光の当たる輝かしい面の裏に、光の当たらない影の部分も存在します。

神経系に影響を与える黄色を好む人は、神経質すぎたり考えすぎる傾向があるかもしれません。過度に神経質になり過ぎているかもしれない自分を自覚し、そうなった時はリフレッシュして、上手に神経のオンとオフを切り替えられるスイッチを持つように心がけると良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

黄色が気になる人

 

普段から好きではないのに最近黄色が気になるという時は、現状の不満に対して解決の光が見えず、「希望が欲しい」と感じている可能性があります。

他人と比較しては自己批判してみたり、現実逃避をしたりという混乱状態にあるのかもしれません。

 

そんな時は優しい色合いの黄色を取り入れて光を感じ、精神を緊張からリラックスへと導いてあげるようにすると、行き詰まった状態から自分を解放することができるかもしれません。

 

 

 

 

色とエッセンシャルオイルパワーストーン

 

最後に、黄色に対応するエッセンシャルオイルパワーストーンを書いておきますね。

 

エッセンシャルオイル … カモミールレモングラス、レモン、グレープフルーツ

 

パワーストーン … トパーズ、シトリン、琥珀

 

 

 

 

 

f:id:rainbowcolor77:20191214222740j:plain

 

 

 

 

 

 

黄色についていかがでしたか?

 

 

 

あなたが笑顔でありますように☆